* home * vintage * replica * petit * buy * data * faq *
* 裸くらべ *

2001年6月に発売されたネオブライスですが、最初の9体まではリカちゃんのボディにブライスの頭をくっつけて販売されていました。当然ですが、オリジナルのブライス(外人)とリカちゃん(日本人)では体の肉付きやら胸やら全く違いました。またオリジナルのブライスは足(膝)がかくかくと3段階に曲がったのですが、リカちゃんはぐにゃーっとまがる仕様。「3段階にまがる膝」というのがヴィンテージ持ちの誇り(?)でもありました。ブライス再発に喜びつつも、リカボディに不満を持っていたファンも多かったはず。

やがてミスアニバーサリー発売を機にオリジナルのボディが復刻され、それ以降販売されるブライスは、オリジナルブライスのような体になりました。これをエクセレントボディと呼んでいます。

ではここで、オリジナルボディ、リカボディ、エクセレントボディがどれくらい違うのかを徹底研究してみましょう。

※モデルは左からナイキ、モンドリアン、ヴィンテージです。


【手】
 
  ヴィン リカより一回り大きく、関節がある
  レプ ほとんどヴィンと同じ。
  リカ 基本的に小さく、細い。関節はない。
 
【腕】
 
  ヴィン むちむちしている。若干外に曲がっている。
  レプ ほとんどヴィンと同じ。こちらも若干外に曲がっている。
  リカ 基本的に細い。なにもしなければまっすぐで、曲げればいくらでも曲がる。
 
【胸】
 
  ヴィン 比較的上気味。肩のちょい下に胸がある。
  レプ ほとんどヴィンと同じ。
  リカ ヴィンに比べると、胸の位置が若干下ぎみだが、より人間ぽいか。
 
【脚】
 
  ヴィン むちむちしている。膝が曲がる(3段階)
  レプ こちらもむちむち。膝もちゃんと曲がる。
  リカ 細く、ふにゃふにゃ。膝も曲がるが、ヴィンのような曲がり方ではなく、ふにゃふにゃ自由自在。がんばれば正座ができる。
 
【足】
 
  ヴィン 足は最も差の少ないパーツかもしれません。以下どれも似たような作りになっています。(強いていえば、ヴィンテージは経年劣化のためか色があまりよくありません。。。)
  レプ ほとんど一緒ですね。
  リカ ほとんど一緒ですが、なぜかリカのほうが足のサイズが大きいようです(幅、長さとも)。リカボディの靴を買うときはちゅういしましょうね☆
 
【後ろ】
 
  ヴィン ケナーの刻印がある。経年劣化でおしりが割れてくる。(クリックすると刻印のアップが見られます)
  レプ ケナーの刻印はないが、ヴィンと同様のつくり。(クリックすると刻印のアップが見られます)
  リカ 全体的に小さい(リカは10代なので致し方ない)。(クリックすると刻印のアップが見られます)
 
【全身】
 
  ヴィン どっしりとしていて、硬いイメージ。なんといってもオリジナル。
  レプ オリジナルにかなり近いし、新しいのでオリジナルより断然程度がよく、気遣いすることなく遊べる。
  リカ 基本的にぐにゃぐにゃなので、どんな格好も自由自在。正座や開脚もできる!!
     

このようにひととおりご覧になられて気づかれたかもしれませんが、結局のところヴィン・エクセレントボディとリカボディの違いは「貧弱か、そうでないか」という違いだと思います。。。

また「リカボディ」と「エクセレントボディ」はどっちがよいか?! ということですが、個人的にはどちらも味があってよいと思います。ただヴィンテージのイメージに近づけたければやっぱエクセレントボディでしょう。また主観的意見ですがリカボディの腕は、すとんとまっすぐ降りていて、そこもまたおもしろいと思いまっす。

 

 

 

(C) Blyst 2003 /Feel free to link / english / contact@blyst.jp