* home * vintage * replica * petit * buy * data * faq *
* ブライスビギナーが知ってるとトクするほかのおにんぎょうたち (1/12) *

音楽にしろ、ファッションにしろ、コミックにしろ、なにか1種類だけで終結しているものはないと思います。ブライスもしかり。ブライスマスターなどの会話はブライスのみで完結することは少なく、しょっちゅうほかのおにんぎょうの話題があがってきます。「このドールのおようふくがブライスにピッタリ」とか、「●●もかわいいよねー。自立できるんだよ」とか。。。

またブライスファンの中には、いままでおにんぎょうに見向きもしなかったという方が多いと聞きます。幼いころ着せ替えあそびなど全然しなかった方が、とつぜんブライスの不思議な魅力に惹かれていく、、、。もちろん私もその一人です。つまり、私をはじめブライス以外のおにんぎょうで、かつブライスと同系に分類されるおにんぎょうの知識を求めている方もおおいのでは?? と思うようになりました。

そこで、ブライスマスターたちの話題についていくためにも、またほかのおにんぎょうを知ることでブライスへの愛情をよりいっそう高めるためにも、ここでいちどほかのおにんぎょうたちの知識をそなえましょう☆ぐっと世界がひろがりますよ! そこで以下のおにんぎょうたちを取り上げ、きほん情報をもとに説明したいと思います。

リカちゃんジェニーバービーブラッツプーリップmomokoベッツィースーパードルフィーフーズザットガール?ドリキンuna

こうやって挙げてみると結構おおいですね。。。でもだいじょうぶ。「なんかこういうなのがいたよなぁ」程度に知っているのでも十分です! まずはさらっとでもよいので知識をいれてみましょうね。ブラ子以外のおにんぎょう知識を備えたうえで改めてブラ子を眺めると、きっと違った一面が見えてきますよ☆

余談ですが、ブライスマスターたちの会話にあがるおにんぎょうはだいたい種類が決まっています。どの方にきいてもなぜか同じおにんぎょうの話題になるからフシギです。やはりブライスマスターたちは共通のセンスをもち、ほかのおにんぎょうに対する興味も同一なのでしょう。

なおページが多いので、ページ右上に直接ジャンプできるメニューをつけたのでご活用ください☆


Special Thanks to messie(faily*cat), Miki(mon murmure), SUPEE SUPEE, 蓮華(眠れない夜に), かお子(*ma petit maison*)

個々の解説のまえに、一般的な予備知識についていくつか説明したいと思います。

ドールの大きさ

おにんぎょうの大きさを表すのに、「22cmドール」「27cmドール」などといいますが、これはボディそのもの(つまり頭を含まない純粋なボディそのもの)の大きさを言います。また1/6ドールなどという言い方もありますが、一般的に22cmとか27cmあたりの総称となっています。なので単純に「1/6ドール用アウトフィット」といっても22cmや27cm、28cmなどいろいろありますし、さらに胴と脚の比率が違う場合もあるので、購入の際には気をつけてくださいね。

※(写真)ブライスとリカちゃんはおなじ22cmドールなのでボディサイズは同じだけど、身長は全然違う。

関節

関節部分が多ければ多いほど、いろんなポーズが可能です。またリカボディなどは体の中に針金がはいっているため関節になっていない部分も強引に曲げればまがります。

関節の仕組みで一般的なのは[1]ブライスのような一方向にしか動かないもの、[2]フーズザットガール?のようにいろんな方向に向く可動ボディ、[3]スーパードルフィーのように球体とゴムで人間の関節をまね、人間同様の動きをする球体関節などがあります。

ブライスのように実際の睫毛、眼球などがあるものと、リカのように睫毛などがペイントされているものがあります。場合によっては目はペイントだけど、睫毛はついているものもあります。ペイントではなく実際に睫毛をつけているものを「リアルアイラッシュ」といいます。


次ページは * リカちゃん (2/12) *

 

 

(C) Blyst 2003 /Feel free to link / english / contact@blyst.jp